昼顔 動画

主人公、笹本紗和(上戸彩)は、結婚5年目、スーパーのパートをしている主婦で、ごく普通のサラリーマンの夫・俊介(鈴木浩介)一緒に平凡な毎日を送っていました。

 

そんなある日、スーパーでのパート帰りに、紗和はスーパーの客としてて来ていた滝川利佳子(吉瀬美智子)という女性に、自らの不倫を隠蔽するためアリバイ工作を頼まれます。

 

利佳子は最近この街に引っ越してきたばかりで、大手出版社で女性誌編集長をしている夫の徹(木下ほうか)と愛娘2人と一緒に新築の一軒家に住むセレブ女性でした。

 

しかしそれは表の顔で、実は彼女は平日の昼間に男をたらし込んで不倫を繰り返す、「平日昼顔妻」でした。

 

話は戻って、その日も萩原智也(淵上泰史)という若い男と不倫をしていた利佳子は、不運なことにスーパーの駐車場で車上荒らしの被害に遭ってしまい、咄嗟に紗和のこと利用しようと思いついたのです。

 

利佳子に弱みを握られていた紗和は、しぶしぶその依頼を引き受けてしまいました。

 

紗和は警察の事情聴取に協力し、利佳子とは友達で、知り合いの智也と一緒に、パート終わりに彼女と会う約束をしていたと嘘の供述をして口車を合わせました。

 

すると、車上荒らしをした高校生・木下啓太(健太郎)があらわれて、そのときの付き添いが担任教師の北野裕一郎(斎藤工)でした。

 

謝罪する北野に、利佳子は、示談で良いと告げますが・・・。

 

その晩、紗和に利佳子から電話あり、要件は徹が紗和に迷惑をかけかけたことを謝罪したいという内容でした。

 

徹の謝罪を受けた後、利佳子に替わると「北野と示談の話し合いをすることになったからあなたも来てほしい」と紗和はまた依頼を受けます。

 

数日後、示談の話し合いのため、あるホテルに紗和は赴きます。そこに北野がやってきて、問題を起こした生徒の家庭にも事情があり、自分が対応すると言って紗和たちのことを説得しますが、利佳子は「親が来ないんだったら誠意が感じられない」と言い出して、北野に示談書を突き返します。

 

北野がそれでも退かずに説得しようとすると、利佳子は、「デートしてくれるなら考えてもいい」、と言い出しました。