昼顔 動画

夫の俊介(鈴木浩介)を仕事に送り出した紗和(上戸彩)が、パートに行く準備をしていると、そこに、姑の慶子(高畑淳子)が何の前触れもなくやってきました。

 

慶子は紗和が利佳子(吉瀬美智子)の元不倫相手・智也(淵上泰史)と立ち話をしているところをたまたま見てしまい、浮気をしてるんじゃないかと疑ってしまったというのです。

 

智也は利佳子に振られたものの、まだ諦めることができず、紗和にも協力してほしいと依頼してきたのでした。

 

北野(斎藤工)と会ってからというもの、紗和の頭の中は北野のことばかりで、慶子の浮気を疑う言動に実は動揺つつ、智也とは本当にただの知り合いであったのでそう説明しました。

 

一方そのころ、利佳子は、画家をしている加藤(北村一輝)に自分の肖像画を描いてもらっていました。でも、出来上がった絵は、黄色の涙を流した彼女の姿でした。

 

それを見た利佳子は、夫の徹(木下ほうか)に、加藤にもう一度絵を書いてもらいたいと頼んだものの、「加藤は俺にケンカを売っているだけだ」と言って、怒って利佳子の絵を捨てしまいました。

 

利佳子は紗和のパート先を訪れて、仕事が終わったら会う約束をしました。ところが紗和が利佳子との待ち合わせ場所に向かうと、なんとそこには北野がいます。北野に話を聞いてみると、彼は彼で、利佳子から示談の件について話したいと連絡をうけ来たのだとか。

 

そして肝心の利佳子は、徹には内緒で加藤のアトリエを訪れます。自分のことをもう一回描くよう依頼をしたものの、加藤は「あなたには美しさを感じない」と言って、利佳子の申し出を冷たくあしらいました。

 

一方紗和と北野は、結婚しているものの子どもがいないという、お互いの共通点について話していました。

 

北野は、結婚2年目で妻は1歳年上、紗和は北野の魅力的な笑顔に好感を持ちつつも、夕飯の支度があるからと帰ってしまいました。慶子がまたもやその様子を影から目撃していました。